キャットフードランキング、愛猫が健康に育つためのエサを選ぶ方法を紹介

愛猫に健康に長生きしてもらうためのキャットフードの選び方

キャットフードは沢山の商品が発売されていてどれを選んで良いの悩んでしまします。AmazonやYahoo!ショッピング、楽天で売られているキャットフードをみると数百のキャットフードが発売されています。この中から猫の健康に良い物を選ぶのは難しいですよね、だって基準がわからない・・・

人間と同じで添加物が多いと体によくすないのはわかりますよね、実は猫のエサには猫にとって本当は良くないのが含まれていたり人間だったら食べるのをためらうものが入っている場合があります。猫の健康をかんがえるとこういった物が入っていないキャットフードを選ぶのがポイントです。

猫に食べさせたくない原材料

沢山あるキャットフードのなかで食べさせたくない原材料を調べました、出来るだけ猫の体にとっては良くないものなので下記原材料が含まれていない猫のエサを選ぶようにしてください

  • BHA(ブチルヒドロキシアニソール)・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)・エトキシキン(酸化防止剤)
  • 合成着色料
  • 人口香料
  • 産物 4Dミール
  • 遺伝子組み換え
  • ビートパルプ
  • 穀物(大豆・麦・トウモロコシ)
  • 塩(塩化ナトリウム)

でも、色々と調べるとメーカーによって全然含んでいないメーカーもあれば沢山含んでいるメーカーもあります。またこれ以外にも疑問に思う事もあり、それはパッケージにはチキンと書かれているのですが実際にチキンフレーバーと書かれているだけで実際のチキンを含んでいません、つまり猫は肉食なのに肉の香りのする穀物(大豆・麦・トウモロコシ)を食べている、調べると穀物で作られたキャットフードが多いです。
理由は簡単でキャットフードの価格を安くするには肉を入れないで穀物を沢山いれたほうが安くすることができます。ただ穀物は猫にとって消化不良や糖質過多になりますので出来ることなら避けたいところ特に子猫の時に穀物の多い物を食べ続けると食物アレルギーになるリスクがあります。

キャットフードランキング

ここで紹介しているキャットフードはメインの食材がキチンと入っていますので穀物でごまかすようなキャットフードは紹介していません、確かに価格は安いキャットフードの3倍もしますが誤魔化しのないキチンとした食材をつかったキャットフードです。しかも原材料は安全な環境で飼育されたもの主原料としてつかっているので安心して食べさせることができます。また穀物を使わずにサツマイモを使って食物繊維をとるようにしています。

愛猫が喜ぶ香り×白身魚たっぷり63%以上プレミアムキャットフード『モグニャン』

モグニャンキャットフードこのキャットフードは穀物不使用、着色料や香料といったものが使われていないので猫の健康を考えたらおすすめの商品です。特徴としては白身魚をメインの原料としているので多くの猫の嗜好にあいます。尿路系疾患に役に立つキナ酸やクランベリー、アンチエイジング効果が期待できるポリフェノール、疲労回復が期待できるクエン酸など人間が毎日摂りたい成分が沢山含まれています。

白身魚を使っていることで鮮度を気にされる人もいるかと思いますが人間も食べることが出来る魚を原料として使っていますので人間でも安心して食べることが出来る品質の高いキャットフードです。モグニャンキャットフードを開発しているときに猫の食いつきにも拘った開発されたことが直ぐにわかります。

また肉を使っていないのでアレルギー反応が出る割合が低くなります。もしアレルギー反応で困っているようでしたモグニャンキャットフードを与えて様子を見るのもいいかもしれません、そして肉のアレルギー反応が少ないことで体の弱い子猫やシニアの猫にもおすすめです。

イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』

カナガン
猫は本来肉食ですから主原料は穀物を主としない原料で作られたものが良いのです。その代表的な商品がカナガンで原料をチキンを使い人間が食べることのできる高品質のなものを原料としています。鳥を飼育していると聞くと狭い籠の中で飼育されていると思わるとおもいますが平たい地面のうえで放し飼いでをしているのでストレスなく自然な環境で育ったチキンを使用しているので質の高いタンパク質と・ビタミン・リン・セレンを豊富に含んでいます。

また肉だけではなく食物繊維を含むサツマイモやミネラルを含んだ海藻とハーブのマリゴールド、クランベリー、カモミールをを含んでいるので、猫の健康を考えると肉だけを毎日与えるのは少し不安ですが肉以外の原料もしっかりと入っているので安心です。

カナガンは子猫からシニアまでの全ライフシーンをカバーしているので多頭飼いをしている家庭にはおすすめです。ここで気になるのがカナガンに切り替えた時に食べてくれるかですが食いつきの良さはキャットフードなかでもトップレベルです。もし心配でしたら食べているキャットフードに混ざして少しづつ切り替えていくことをオススメします。

全世界で愛用されて販売累計100万袋突破!『シンプリーキャットフード』


激戦した魚を原料にして作られているキャットフードです。原料をサーモン、ニシン、マス、乾燥白身魚を主原料として作られているのでタンパク質を摂ることができます。魚を主原料にしているのでアレルギーが出にくいのが特徴です。ただ他のキャットフードと違ってマグネシウムが多いので下痢になりやすい場合がありますのでウンチの様子を見ながらエサの量を調整してください。逆に便で苦しんでいる猫にはシンプリーキャットフードがおすすめです。

子猫からシニア猫の全ステージに対応しているキャットフードです。尿路結石の予防効果にもなるクランベリーや排便を助けるサツマイモ、オリゴ糖が含まれています。サツマイモは毛玉ケアーとして小腸に詰まる前に胃から腸へと移動させて体外に排出されていきますので毛繕いの多い猫にはおすすめのキャットフードの1つです。

家猫で運動をあまりしない猫や太りすぎている猫にもシンプリーはカロリーと脂肪分を減らしているのでダイエットで餌の量を減らすことなく太りにくい食事を与えることができますから猫にストレスを与えることなく太りにくい食事ができます。でも高タンパクで低炭水化物ですから猫にとっての栄養はキチンと摂れるので毛繕いの多い猫、便秘気味の猫、肉アレルギーのある猫、ダイエットをしたい猫にオススメのキャットフードです。

愛猫との毎日を彩るプレミアムキャットフード『THE JAGUAR(ジャガー)』


このキャットフードはチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、生サーモン、生マスと肉と魚がバランスよく配合されているキャットフードで、厳しい品質管理を受けた人間が食べることのできるキャットフードです。この商品は80%以上が動物性の高タンパク質で出来ているプレミアムキャットフードです。

しかも猫の体に良くない穀物や人口の添加物を含んでいませんの安心して猫に与えることができます。また肉以外にもハーブや高麗人参などの人間の体にも良い商品が含んでいますので猫の健康を考えて作られたキャットフードです。

穀物を使わないかわりにプレミアムキャットフードに使われているジャガイモ、サツマイモ、エンドウ豆を使ってかさを増しています。他の商品は穀物を使って増やしますが穀物は猫にとって必要の無い食品で消化不良やアレルギーや太りやすくなるなどのデメリットがあるのですがジャガーはこういった穀物は一切ふくまないキャットフードになっています。

初回お試し用のフードあり安心、安全の『FINEPET'Sキャットフード』をお試しください。

この商品はアヒルとニシンを原料にして作られたキャットフードです。この商品の特徴は消化吸収の良さで吸収率は87%と高い数字で猫の健康を考えると高い数字です。しかも人間が食べることのできる原料を使っているので品質の高さはTOPクラスの商品です。

原料を見てもアヒルとニシンが上位に表示されているので主原料がキチンとしている事には間違いがありません、原料のアヒルやニシンはオーストラリア産の原料を使っています。またチキンなどに比べてアレルギーが弱いと言われているアヒルを使っているのでアレルギーが気になる人にはおすすめのキャットフードです。

しかもお試し価格の1000円で購入することができますので嗜好のつよい猫でエサの切り替えに不安がある人はFINEPET’Sキャットフードを試してください。

 

キャットフードの選び方

キャットフードを選ぶ時に何を基準に選んでいますか?価格、猫の健康、安全性、キャットフードのブランド力、猫のエサへの食いつき