チキン入りののキャットフードは魚以外のキャットフードでは原料としてよく使われています。原料価格としても牛や豚肉よりも安いのが使われる要因の一つです。このチキンにも色々とありキャットフード用に飼育されたチキンもあれば人間の食べない部分をキャットフードにしたものやチキンの香だけをつけたものを『チキンキャットフード』として販売していますが飼い主としてはチキンの栄養を猫に与えたいですから出来ることなら納得したキャットフードを与えたいです。

猫にとって嗜好性がたかい

本来は肉食ですから野菜や穀物よりも好んで食べますから食いつきも良いのですが元々は自分よりも小さい鳥の狩りをして食べていることが多かったですから猫の本能で鳥をエサで食べると旨味を知っているので食いつきがいいです。

エサを買って与えるのに食いついきが悪い場合や翌日への食べ残しが多い場合などはネコの好みにあっていない可能性があるので出来ることならチキンを一度ためしてみるのも良いかもしれません

チキン入りキャットフードの選ぶポイント

ネットやペットショップで沢山のキャットフードをみかけます。そのなかでパッケージにチキンと書かれているものを見かけます。多くのキャットフードではチキンミールと言う原料を使っているのですが中には驚くような原料名が書かれている商品もあります。

それは

チキンフレーバーです。

フレーバーとは名前のごとく香でチキン自体は入っていないのに香りだけをつけているキャットフードです。

このフレーバー商品ですが天然の香りと合成の香りがあるらしく合成のフレーバー入りのキャットフードだと価格が安く天然のフレーバーだと価格が高くなるようです。

でも、フレーバーの高い安いは関係なくて猫の健康を考えたらきちんとチキンを入っているほうが安心できます。フレーバー入りの商品で原料を調べると穀物入りがほとんどで猫にとっては消化不良を起こす原因になると言われている原料で製造されるキャットフードです。

猫がチキンを食べて健康的な体をつくることで健康に長生きをしてくれます。

チキンミール入りは安全

チキンフレーバー入りのキャットフードよりはネコの健康にメリットが高いと思いますが、このチキンミールって何だと思いますか?

もちろん原料としてはチキンを使っていることには間違いないのですが、肉の部分は人間が食べるので、それ以外の人間が食べることの無い部分や卵を産まなくなった栄養価の低い鳥などを原料にしてキャットフードを作っています。

栄養価の高いキャットフード

もちろんチキンミール入りのキャットフードでも問題は無いとおもいます。ただ栄養価の低いキャットフードよりも栄養価の高いキャットフード、穀物の割合が高いキャットフードよりも少ない商品か含有されていないものが栄養価も高いと言われています。

そして一番重要なのは鳥が育った環境、動物愛護の高いイギリスでは専用の環境で放し飼いをして育てられた鳥を原料にしています。

こういったキャットフードは量販店で売られている激安のキャットフードに比べると倍以上の金額をしているのでためらう人もいますが人間だって栄養価の低い食事を長年していると病気にかかりやすくなったりします。これはネコも同じで栄養価の低い食事を長年するよりも出来ることなら栄養価の高い食事をさせてあげてください。