キャットフードのサイトを見ると色々な情報が書かれています。4Dミートは危険と見かけますが実際に使っているキャットフードがあるのかと言うと日本国内で発売されているキャットフードの中では成分表を見る限りでは4Dミート入りと書かれている商品は発売をしていません、どちらかと言うとミートミールを含んだキャットフードの方が多いですね。

多くのキャットフードのサイトで4Dミートは危険だから注意しているのかと単純に売りたい商品を売りやすいようにしているからかもしれません

色々と調べると4Dミートが市場にでることはないようです。

http://jlia.lin.gr.jp/eiseis/pdf/usi/bse.pdf

上記のPDFは日本国内でBSEが流行してからの家畜が死んだときの対象をまとめてあります。これを見ると死んだ家畜は肉骨粉や感染を防ぐ為に焼却されているのがほとんどです。

つまり家畜が死んだ場合は家畜衛生保健所にて検査をする義務があります。この検査をして陽性の場合は全て焼却処分をすることになっているので病気の牛が市場にでまわることはありません。

そのため4Dミート入りのキャットフードは発売されていることはありません。

たのサイトでも実際にキャットフードメーカーに問合せている人もいましたが4Dミートは使っていないとの解答でした、考えてもわかりますが病気で死んだ家畜の肉を使ってキャットフードにして愛猫が亡くなるようなことがあったら、そのキャットフードとメーカーは経営をしていくことは出来なくなります。

そんなリスクをしてまで危険な4Dミートを使う必要はありません。これを使うならミートミールや穀物を使って原料を安くしたほうが現実的です。これはこれで問題がありますが4Dミートを使ってリスクを摂るよりは安心できると思います。