沢山発売されいるキャットフードの多くはチキンを主原料として使っているのですが猫の中には肉アレルギーの猫や肉より魚のキャットフードを好んで食べる猫もいます。

魚を主原料として使っているキャットフードはサーモンを原料にして使っているのでDHAを沢山含んでいることで有名です。DHAは人間でも血液をサラサラにすると言われていますので室内で飼っている猫やダイエットを考えている猫のエサにはおすすめです。

主原料で使われている魚の種類

魚を主原料で使われていているのでDHA、EPAを豊富に含んでいるので猫の健康を考えると魚のキャットフードを使うのはメリットが高いのですが、気になるのが魚の種類やどんなのを使っているか気になります。

使われている魚はサーモンをメインで使っているキャットフードが多く、次に多いのがマグロやアジ、サバ、カツオなどの青魚を使っています。なざサーモンの方が多いかと言うとビタミンEを含んでいるの